◆ 雲 ◆ コラム「ままかり」より2011年10月22日 01:01

 私は、A 新倉敷のカサブランカから、よく空を見上げる。晴れた日が多いが、曇りや雨の日もある。時には風も吹く。なにより雲が動く。空の模様がさまざまに変わる。楽しい。

 雲は、ふわっと浮いていたり、すいすいとどこへでも行く。それに、さらっとした白い雲があれば、重そうな黒い雲もある。空いちめんに広がる雲があれば、ちぎれた雲もある。でんとして動かない雲があれば、さっさと行ってしまう雲もある。

 朝日や夕日に映えるあかね雲が美しい。ある朝早く、サポーターの I さんが、「窓のカーテンをあけてごらん」といわれる。外を見れば、あかね雲が空いちめんに広がり、すばらしかった。夏に入道雲が出ると、よく夕立になる。いわし雲は秋に多い。

 雲は、動いているうちに、いろいろな形に変わる。なんとなく、人の姿に見えることがある。子どもの顔のようなとき、かわいい。また、動物に似ていることもあり、愉快である。どこかの地形のようなときもよくある。

 雲の下の方をトビやカラスが飛びまわる。ときどき、ヘリコプターやセスナ機が過ぎていく。ジェット機は白線をひき、早い。雲すれすれに高く飛ぶのは旅客機だろうか。まっ白に見える。

 フランスの有名な詩人が、「雲を愛する」という詩を作っている。そのなかで、「雲だ。ほら、あそこを行く。」と、感嘆している。雲に愛着をもっている人は、多いようである。


  白雲の 去りゆく方や 山眠る



【注釈】

 A 新倉敷では各フロアーに名前が付いてます。「カサブランカ」は父が入居していたフロアーの名前です

【写真の説明】

 人の顔に見える写真を選びました。目に見える黒点は、実はヘリコプタです。いずれ顔の部分を拡大した画像を追加するつもりです。

コメント

_ エルメパパ ― 2011年11月04日 23:57

らんぽぅさんこんにちは。
お父様の記事を大変興味深く拝見しております。
日本語って本当に美しいなと改めて感じ、
新しい発見に心が揺さぶられます。

ストックがどのくらいあるのか判りませんが、
今後も更新をお待ち申し上げます。
こういった文章に巡り会えるきっかけを作ってくださり
ありがとうございます。

と、ここまで書いて改めて自分の文章力のなさを痛感します。
お父様に教えていただければよかったです。

_ らんぽぅ ― 2011年11月06日 17:56

エルメパパさん
このブログの初コメントありがとうございます。
新聞記者の文章は無駄がないですね。
その影響で、私の手紙は箇条書きでした(笑)。

新聞には、常用漢字を使うことが基本になっていたと記憶しています。
このコラム記事は、漢字よりひらかな表記に気を使っているようにも感じています。
対象がお年寄りだからでしょうか。

まだ20篇以上あるように思いますが、できれば内容に即した写真を添付したくてアップに時間がかかりそうです。
来春まではきっと続くと思いますが、気長にお付き合い下さい。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://runpaw.asablo.jp/blog/2011/10/22/6165429/tb